インタビュー

接骨院・鍼灸院のこだわり&裏話に迫る!突撃!訪問インタビュー

2019年03月20日

患者を幸せにできる施術者を育てていきたい

院長として常駐する院の運営を行うことと、離れた場所から複数院の運営に携わることは、考え方や視点も大きく変わってくるでしょう。すまいる針灸接骨院六甲道院の小谷先生は、院長を務める傍ら、マネージャーとして計3院の運営管理をされています。施術者としての指導内容や後輩への思い、マネージャーとしての考えや苦労話をお聞きしてきました。
ほねつぎアカデミーのゲストエキスパート塩中との対談形式のインタビューとなっています。ぜひご覧ください。

有限会社スマイルストーリー すまいる針灸接骨院六甲道院 小谷奬院長

有限会社スマイルストーリー
すまいる針灸接骨院六甲道院 小谷奬院長

人のためになる仕事に就きたいと思い、初めは消防士になろうと考えていました。縁あって、柔道整復師の専門学校のオープンキャンパスに行き、その仕事に魅力を感じてこの道に進もうと決めました。「人のためになる」仕事をすることができ、この道を選んで良かったと思っています。

消防士を目指されていたんですね!なぜ、消防士ではなく柔道整復師になろうと決意されたのですか。

消防士は、人を助けるイメージが強いですし、公務員という部分にも惹かれていました。そんなときに、母親がこんな仕事もあるよと柔道整復師の専門学校の資料を見せてくれたんです。高校まで野球をしていて接骨院にお世話になったこともあり、これも人助けになる仕事だと思いました。

今はどうですか。小谷院長のやりたかった仕事はできていますか?

はい。この仕事を選んで良かったと思っています。患者さんから直接的に「ありがとう」と言ってもらえるので、やりがいを感じますね。また、僕が入社したときは2院しかなかったグループ院が、今は11院まで増えました。会社が展開していけば、その分多くの患者さんの助けになっていると感じています。

マネージャーという立場と言うことでしたが、こちらの院以外にも何院か担当されているんでしょうか。

今は、この院を含めて3院管理しています。今後、この地域で2院出店が予定されていて、計5院を担当する予定です。5院出店できたら、この院の運営からは抜け、マネージャー業に専念することになっています。まずは今の3院を軌道に乗せることが目標ですね。

今後、運営から外れるとなると直接患者さんと触れ合う機会も減りそうですが、そこに悩まれたりはされませんでしたか。

5院を管理しながら院の運営も、というのはなかなか難しいので、運営から外れるということに抵抗はありません。当然、自分も施術したいという気持ちはあります。ですので、僕の分まで後輩が施術できるようになって、患者さんをもっと幸せにしてあげてほしいと思っています。

それに、運営から外れている分、別の分院で困っている患者さんがいる場合、その院に行って施術することができますよね。そうすれば患者さんを助けられますし、その院のスタッフにアプローチ方法を教えることもできれば、スタッフにとってもプラスになるのではないでしょうか。

マネージャーとして辛かった、または壁にぶつかった経験はありますか。

この院は1キロ圏内に鍼灸接骨院が29院あるんです。僕は、開業に携わるのはこの院が初めてだったので分からないことも多く、他のマネージャーと話し合いながら運営をしてきました。最近やっと近隣の鍼灸接骨院との交流が深まってきましたが、それまでしんどい時期もありましたね。

辛い時、どうやってモチベーションを保っていますか。

社長から会社の今後の方針などの話を聞くと「やらなきゃ!」って思いますし、尊敬する先生方と話すとやる気が出ますね。後は、後輩たちの頑張っている姿を見ると「僕も頑張ろう」って思います。

小谷院長インタビュー

社名にもある「スマイル」について、小谷院長なりのお考えを教えてください。

患者さんを笑顔にする、というのはもちろんですが、そのためには、まず自分が笑顔にならないといけません。施術者が笑顔で接することで、患者さんの笑顔を引き出すことができると考えています。施術者が笑顔でいるためにも、家族より長く一緒にいるスタッフと仲良く楽しく仕事をして、プライベートと仕事、両方の充実をさせながら仕事に取り組むようにしています。

関連記事:スタッフ教育コラム(ほねつぎアカデミーのページが開きます)

もっと多くの人に、僕たち施術者が「できること」を知ってほしい。

今、後輩にどのようなことを指導していますか。

僕たちのグループ院では、構造医学に基づいた施術を行っています。構造医学は、施術以外に患者さんの生活習慣の指導など、施術者と患者さんが一緒に身体を良くしていくものです。冷却法・歩行の考え方など、学校で学んできた考え方と違うと部分もあるでしょう。その構造医学の考え方や判断基準、応用した施術方法や特殊な説明部分について指導しています。後輩には、患者さんが聞いて、分かりやすく納得しやすい説明ができるようになってほしいですね。

地域の方々にこの院を知ってもらうために、どういうことをされていますか。

口コミや患者さんの紹介をしていただいています。今までは「悩んでいる人がいたら紹介してください」と言ってチケット渡したりしていましたが、以前に塩中さんから「口コミは自分自身の声掛けで生まれるものや!患者さんを紹介してほしいのはなぜか、という意図を伝えれば家族や友人を連れてきてくれるよ!」と言われたのを思い出して、最近はそれを実践しています笑

よく思い出してくれました笑 具体的にはどのような声掛けをされていますか。

「あなたと同じような悩みの人はたくさんいて、その人たちは何の対処もされていない。僕たちはあなたを施術したようにその人を助けることができるはずなので、この院のことを教えてあげてください。僕たちはその人を助けるために全力を出します」というような感じで、身体の調子が良くなってきている患者さんに紹介を促しています。「その人の人生を、あなたのように幸せにするために紹介してください」と伝えると患者さんを紹介してくれるようになりましたね。

小谷院長インタビュー

患者さんに施術やサービスを勧めることに関して、抵抗を持ったことはありますか。

初めの頃は若干の抵抗はありましたが、今はありません。患者さんに施術を勧めて、調子が良くなると喜んでくださいます。その姿を見ると勧めて良かったと思いますね。施術者が抵抗を感じながら勧めてしまうと、どんなに良いサービスでも患者さんに良いと感じてはもらえません。自分が良いなと思ったものを勧めるようすれば、抵抗も感じないと思います。

今後、会社にどう携わっていきたいと考えていますか。

会社が大きくなれば問題もたくさん起きるでしょう。それらに対応できる模範のような存在になりたいですね。会社はこれからも大きくしたいので、自分自身も成長しなければと思っています。経営知識や気持ちの部分、未熟な部分はたくさんあるので勉強していくつもりです。

最後に、小谷院長の将来の夢は何でしょうか。

例えば、バルコニーがある一軒家に暮らして、子供も5人いる。それでも安定した生活が送れるほどの収入を得られるような会社、しいては業界にしていきたいです。

また、柔道整復師や鍼灸師という職業をもっと知っていただきたいですね。例えば、柔道整復師としてテレビに出演する人が増えれば、「こんな仕事があるんだ」と知ってもらえますし「柔道整復師」と「接骨院」が結びついていくと思うので、多くの人に広めていきたいです。

小谷院長、ありがとうございました。

関連記事:スタッフ教育コラム(ほねつぎアカデミーのページが開きます)

塩中 一成

INTERVIEWER: 塩中 一成/柔道整復師
院長、代表取締役などを歴任。 失敗も含めた今までの豊富な経験、体験した多くの事例を基に、身につけた臨機応変な対応力を活かし、問題を自分で解決できる人材育成に尽力。 ほねつぎチェーンの開業研修、関連鍼灸接骨院の支援研修、12か月間のリーダーシップセミナーを続けている。接骨院・整骨院・鍼灸院の経営サポートをする「ほねつぎアカデミー」のゲストエキスパートとして、接骨院・鍼灸院のあらゆる悩みを解決に導く。