お知らせ

Petitコラム.002「食品カテゴリーマップを使って会話する」/ "totorie" Preacher Club

2022年10月28日

"totorie" Preacher Club(TPC)では、健康をテーマに情報発信を行っていきます。
第1回目のテーマは”野菜” 。今回は、食品カテゴリーマップを使った普段の食生活の分析についてお話しします。

【食品を7つのカテゴリーに分類】
一般社団法人「日本栄養コンシェルジュ協会」では栄養コンサルティングガイド🄬に基づいた食品カテゴリーマップを共通理解のツールに使用して、食事指導を行う事を推奨しています。

かける粉野菜飲む粉野菜

カテゴリー1 主食(でんぷん+糖質)ごはんやパン、うどんやそばに加えて、イモ類も含みます。
カテゴリー2 主菜(タンパク質+脂質)肉や魚、卵や甲殻類、枝豆や豆腐など大豆製品を含みます。
カテゴリー3 副菜(食物繊維+ミネラル)緑黄色野菜、葉物野菜、キノコ類やダイコン、玉ねぎも含みます。
カテゴリー4 乳製品 牛乳、ヨーグルト、チーズなど
カテゴリー5 多脂性食品(脂質)ナッツ類や油、バターやドレッシングなども含みます。
カテゴリー6 嗜好食品(果糖含有)果物やスイーツ、アイスなど
カテゴリー7 アルコール

肥満を防ぐ健康的な食事バランスを目指す場合、圧倒的に不足しているのは、カテゴリー3になります。 7つのカテゴリーで唯一積極的に食べて良いとされているカテゴリーです。

【野菜でも属するカテゴリーで注意が必要】
野菜を摂り入れてバランスの良い食事を心掛けていても、カテゴリー1(でんぷんや糖質)のイモ類、カボチャなどや、カテゴリー2(タンパク質+脂質)の大豆、カテゴリー5(脂質)のアボカドやナッツなどが増えていては逆効果です。
しっかりカテゴリー3(食物繊維+ミネラル)の葉物野菜やキノコ類、海藻などを摂り入れましょう。

かける粉野菜飲む粉野菜

【カテゴリーごとに太り方に違いがある】
実はカテゴリーごとに太り方には違いが出ます。
下の図は、カテゴリー1とカテゴリー6で、同じカロリーを余分に与え、太り方の違いを実験した結果です。
カテゴリー6のグループの方が、内臓脂肪と総腹部脂肪が増加しています。
果物やスイーツを食べた方が、内臓脂肪やお腹に脂肪がつきやすいという事がわかります。

かける粉野菜飲む粉野菜
カテゴリー別の脂肪がつきやすいところをまとめると、以下のようになっています。

カテゴリー1(でんぷん→ブドウ糖)は、全身に送られる→全身の皮下脂肪や乳房に脂肪がつきやすい
カテゴリー6(果糖)は、まず肝臓に送られる→腹部と内臓に脂肪がつきやすい
カテゴリー4・5(脂質)は、まず心臓に送られる→上半身、二の腕、首回り、背中に脂肪がつきやすい

お腹が出ている、上半身に肉が付きやすいなど、気になる太り方がある方は、対象カテゴリーの摂取を控えたダイエットが良いでしょう。

(参考:一般社団法人栄養コンシェルジュ協会 栄養コンサルティング基礎プログラム 第1部より) 

次回の"totorie" Preacher Clubは、以下になります。

11月11日(金)14:00~14:30 Petitセミナー「野菜摂取に関するエビデンス紹介」
11月18日(金)Petitコラム.003
11月25日(金)Petitコラム.004





最近チェックしたもの